CXCMarkets_取引商品背景画像.png

取引商品

​金、銀、原油、その他金属など、10種類以上の取引商品

取引商品とは?

弊社では、エネルギー、農産物、貴金属に関する商品を取り扱っています。取引商品における今後のマーケット動向及び価値については、商品の供給、需要により変動します。例えば、天候状況や採掘、エネルギーにかかるコストが、供給に影響することがあります。

また、需要については、経済サイクル及び人口増減のような広範囲に渡る条件による影響が考えられます。弊社の取引商品は、それぞれが独立した商品、またはペアとして取引できます。 金属及びエネルギーは主要通貨と取引され、農産物の先物取引は個別契約として取引されます。

エネルギー

エネルギー取引のようなスポット取引は、価格予想のみに関心がある投資家にとって多くのメリットがあります。スポット取引の価格は、先物取引における1ヶ月及び2ヶ月先の取引価格の組み合わせにより決まり、この価格設定によって価格変動が小さくなります。エネルギー取引や貴金属取引に加えて、トウモロコシ、大豆、砂糖、コーヒー、小麦など広範囲にわたる商品取引を提供しており、最狭スプレッド、及び最大レバレッジ500倍となります。

​取引商品

流動性の速さ

10種類以上の貴金属

0~最狭水準のスプレッド

最大レバレッジ500倍

エネルギー、貴金属

​週に5日

​貴金属の取引方法

金、プラチナ、パラジウム、銀について、現時点におけるこれらの業界での経済的な影響はなく、一定の価値が継続しているため、多くの取引が頻繁に行われています。ここ数十年間においては、長期間の投資として貴金属のオンライン購入や物理的所有の傾向が大きくみられています。デリバティブや株式取引において多くの資本を必要としないことは魅力的でありますが、貴金属の取引も価格変動が少ないため、短期間の投資に関心がある投資家にとっては絶好の機会となります。

 

例えば、生産や消費にひどく影響を受けやすい多くの商品と違い、金の取引価格はそのような要因に影響を受けることがありません。金は政治的変化が原因で価格が変動するため、不安定な時期になると、その他の市場に対するヘッジとして取引されます。金と同様に、プラチナ、パラジウム、シルバーも価値ある資産となり、不安定な時期であっても投資家はこれらの取引を行なっています。